タカノの事業

ファニチャー部門

ファニチャー部門では、

「心地よさを追求したオフィス椅子の開発」をコンセプトに、長年蓄積してきた縫製技術・塑性加工技術・表面処理技術・ウレタン技術などをベースに、CADシステムやコンピュータ解析や人間工学を駆使し、市場ニーズにマッチした価値ある製品の開発に取り組んでおります。

「事務用回転椅子」「会議用椅子」「ロビーチェア」など、

多彩な椅子を生産しています。

設計開発から材料の加工、組立までの一貫生産体制が整っており、製造委託をワンストップで請け負うことができます。

一貫生産できることは、安定した品質管理、運搬のムダ(時間とコスト)の削減、円滑なコミュニケーションによるトラブル対応の速さといった

メリットがあります。